TeCAXって何?

TeCAXって何?へようこそ。
ゆっくりご覧になってみてください。

TeCAXって何?

『TeCAX』
TeCAXは、発表情報で示されるXBRLのブラウザです。
おもにEDINETやTDnetで公開されています。
TeCAXでXBRLを分析して、一時的に一般の公開内容を表します。
そのうえ、EXCELでそれを出力しました。
そして、財務分析はそれを使うことができます。
EDINET(Electronic Disclosure for Investors' NETwork)で金融庁から「金融商品取引法に基づく証券報告のような発表文書についての電子発表システム」について提出された発表文書についてインターネット上で読書を可能にしているものによる行政サービスの一部として提供されます。
EDINETに、XBRLの情報公開は、2008年4月から始まりました。
XBRLは、TDnetで本格的な2008年7月より折よく、発表システムで口座情報(口座についての記述)の解決のまわりに導入されました。
XBRLはグローバルに標準化されるコンピューター言語です。そして、効果的に金融情報を作って、歩き回って、使用に「例」をXBRLの財務報告の電子モデルである「タクソノミ」に基づいて、財務報告がそれ自体を満足させると述べているようにします。
それがコンピューター言語であるので、直接それを読んで、わかりやすいものでありません。
TeCAXは、XBRLデータを簡単に読むことができます。
csvで決算書データを出力することができます。
そしてEXCELとDBでcsvで出力したデータを簡単にとることができます。
これも無料のフリーソフトです。
練習ソフト無料ソフト紹介